OB会の活動

 横浜国立大学グリークラブの卒業生たちは、長年グリークラブを育て指導して下さった山根一夫先生の経済的支援を目的に「山根基金」を設立しました。OB会はこれを機に現役の支援を行うとともに合唱活動による音楽芸術の普及を目的として1980年3月1日に発足いたしました。また、その目的を実践するために1994年に結成されたOB合唱団は約80名の団員によりたゆまぬ活動を続けております。

 

現役支援活動

定期演奏会・ジョインント演奏会などのチケット販売支援

グリークラブの活動は演奏会で披露されます。より多くの皆様にご来場いただくために全国のOB会員がチケットの販売に協力しています。

現役活動資金支援

OB会の最重要目的の一環として、OB会員の年会費徴集・寄付金の受付などにより毎年現役の活動資金の一部を支援しています。

合唱活動による音楽芸術の普及

グリーフェスタなどの開催

毎年、グリーフェスタを開催。OB会の年次総会に続き、会員が独唱・合唱・器楽演奏などをミニコンサートで披露、懇親パーティーで会員相互および現役との親睦をはかっています。

OB合唱団

合唱芸術普及のために、1994年にOB合唱団を設立、月に3回の定期練習を行い、その成果を定期演奏会・演奏旅行・各種合唱祭などで発表しています。

OB相互の親睦

合同同期会、懇親会などの開催

上記グリーフェスタで全OBの懇親会が行われます。また、毎年、還暦年次が中心になって在学時の前後数年の仲間が集まり、旧交を温め懐かしいレパートリーを歌っています。

ゴルフコンペなどのイベント開催

得意な合唱以外でも、卒業年度毎に同好の士が集まり、ゴルフコンペや旅行会などで親睦を図っています。

広報活動

OB会報の発行

会員相互の情報交換のために、年に三回の会報を発行しています。現役コーナー、OB合唱団コーナー、会員からの投稿文などでそれぞれの情報の共有化を図っています。

ホームページ・情報共有サーバの運営

OB会のホームページを維持し、情報共有サーバーではグリークラブ創部以来の定期演奏会のプログラム、音源などを保管、管理しています。

OB会運営

OB会員管理

創部以前のメンバーを含め全会員の情報を一元管理し、異動の都度、情報の更新を行っていますが、個人情報の管理には十分な配慮をしています。

幹事会・役員会・総会の開催

定期的に年に一度の総会を上記グリーフェスタ開催時に行います。また、必要に応じて年に4~5回程度の役員会、2回程度の幹事会を開催しています。